よりよい日々を

本と美術と考え事などをとりとめもなく

土井英司『「人生の勝率」の高め方 成功を約束する「選択」のレッスン』

『「人生の勝率」の高め方』はAmazonのカリスマバイヤーだった土井さんによる、成功するための選び方の方法について書かれた書籍。読んだ感想などを書きました。

フェミニズムの新しい雑誌「シモーヌ(Les Simones) Vol.1」

「シモーヌ Vol.1 」を読みました。ボ―ヴォワール「第二の性(上)」を読んだことのある私が、読んだ感想を書いてみました。

島根玲子「高校チュータイ外交官のイチからわかる! 国際情勢」

島根玲子「高校チュータイ外交官のイチからわかる! 国際情勢」についての感想です。誰にでもおすすめできるわけじゃないことや今後著者に取り上げてほしいことなど。

伊藤まさこ「松本十二か月」

伊藤まさこさん「松本十二か月」と「クネクネ」と「三九郎」について。松本城が出てこなくても、松本にはいいところがたくさんあることを教えてくれる本。

「どうなる? 日本社会と外国人 多文化共生を考える」に行ってきました

「どうなる? 日本社会と外国人 多文化共生を考える」(集英社×ミシマ社)に行ってきた感想です。

バーナード・リーチ「バーナード・リーチ日本絵日記」

原田マハ「リーチ先生」を読んだ影響で、バーナード・リーチが書いた日記を読んでみました。

誠品生活に行って、タロー書房で本を4冊買って帰りました

期待していた「誠品生活」に行ったのに、人ごみに疲れて、「タロー書房」で本を4冊買って帰ったというぐたぐだした話です

山崎ナオコーラ「趣味で腹いっぱい」

山崎ナオコーラ「趣味で腹いっぱい」の感想です。鞠子のようになれたら、いいのになと思いつつ…

「ランベルマイユコーヒー店」原画展&ギャラリートークに行ってきました。

「ランベルマイユコーヒー店」原画展&ギャラリートークに行ってきました。

内田樹「そのうちなんとかなるだろう」

内田樹「そのうちなんとかなるだろう」の感想です。

網代幸介「サーベルふじん」

網代幸介「サーベルふじん」を読みました。サーベル夫人は、なぜ顔がサーベルなのでしょうか。

オクノ修/nakaban「ランベルマイユコーヒー店」

nakabanさんとコーヒー好きにはたまらない「ランベルマイユコーヒー店」

原田マハ「リーチ先生」

数年前、「バーナード・リーチ展」を たまたま観たことがある スリップウェアや 鹿の絵が描かれた 素朴な温もりのある陶器たち 親しみやすいけれど 形や姿は芸術であり 心に残る展示だった そして、写真で見た バーナード・リーチその人は 背広を着て、眼鏡…