よりよい日々を

本と美術と考え事などをとりとめもなく

石村由紀子『自分という木の育て方』

石村由紀子『自分という木の育て方』(平凡社)

f:id:kunurupu:20200511015222j:image

 

著者の石村由紀子さんは、奈良にあるカフェと雑貨のお店「くるみの木」の店主です。

 

石村さんがはじめた「くるみの木」は、2020年に創業36年、全国からお客さんが訪れる人気店です。

 

今では、カフェ兼雑貨屋という形態のお店は普通にありますが、石村さんはお店を始めた頃にはまだ珍しい形態のお店でした。

主婦だった石村さんが、ある日突然、お店を始め、そのお店が全国的に有名になるまで、そして68歳を迎えた今の生活について書かれています。

 

私は「くるみの木」には行ったことがないのですが、「くるみの木」のオンラインショップは見たことがあり、サイトのレイアウトや取り扱っている商品のセンスの良さに、いつか実店舗にも行ってみたいと思っていたお店でした。

www.kuruminoki.co.jp

 

読んでいて、石村さんの行動力に驚きました。

たまたま通りかかった作業所をよいところだと感じ、突然、子どものころのお店をやりたいという夢を思い出して、その日にその作業所の建物を借りる交渉をするなんて、すごい行動力だと思います。

 

前に読んだ土井英司『「人生の勝率」の高め方 成功を約束する「選択」のレッスン』のように、周りの人がその価値に気づいていなくても、自分がこれだ!と思うものには、しっかり投資することが大切なんだなと改めて思いました。 

www.yoriyoihibiwo.com

  

www.yoriyoihibiwo.com

www.yoriyoihibiwo.com