よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

装丁の美しい本をご紹介します! その1

私がこの数年で購入した本の中から、装丁が美しい本をご紹介します。

今回は第1弾です。

 

稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ—』(アノニマ・スタジオ)

f:id:kunurupu:20200511112247j:plain

こちらの本のカバーは、赤い厚手の特殊な紙に、

「書名・著者・出版社の名称」と「図形みたいなイラスト」(どちらも金)

だけのもの。

 

まるで手帖のようにシンプル。

そして、真っ赤で金文字で、おもわず「なにこの本?」と手にとりました。

 

ちなみに、こちらの本は、書店ではなく、「無印良品 銀座」で見つけました。

無印の本のコーナーでは、自分の好きなジャンル(料理、民藝など)の書籍が選書されているので、つい見てしまいます。

表4をご覧ください。

この本の表4(本の裏側)を見てください

何か気づくことありませんか?

f:id:kunurupu:20200511111210j:plain

気づいたあなたは、本好きだと思います。

書店で本を売る場合、必ず、ISBNという番号とバーコードを、本の裏側に記載しないといけないのです。

例を挙げるとこんな感じです。

f:id:kunurupu:20200511110959j:image

これは書店で本を売るシステム上、必要なものなのですが、見た目があまりよろしくないのです。

 

でも、『いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ—』には、ISBNも、バーコードもないですよね。

実は、売られているときは、「ISBNとバーコードのシール」が貼られていたのですが、家に帰って、私が取り外したからなのです。

シールを取り外した後の、無の状態がなんと美しいこと!

 

洋書などを日本で売るためのシール対応は見たことがありますが、見た目の配慮でのシール対応は、なかなかないように思います。

和書でたまに見るとすれば、活版印刷のものなど、少部数のものとか。

美しいだけがすべてじゃない。コストの問題。

赤い特殊な紙。金の箔押し。バーコードのシール。

価格はいくらなんだろう?と気になった方は、Amazon等でご確認ください。

なんでもかんでも本の装丁をよくすれば、いいかと思いきや、その分コストがかかってしまうので出版社としては難しいのです。


イラストやデザインの本などでは無いのに、装丁にお金をかけていそうな本がたまにあります。

そのような本は、作者や本の中身(文章)に力があって、「この本は売れる!」と編集者が確信したからだと推理します。出版社さん、いかがでしょうか?
 

逆に言えば、村上春樹など売れるとわかっている著者の本は、カバーに沢山お金かければいいのに…と思うのですが、意外とそうでもない感じがします。今度は大量生産のしやすさの問題があるからでしょうか?

 

装丁にお金をかけることで、その本を手にしなかったかもしれない読者が、気になって買ってくれるということもあるでしょう。しかし、装丁にコストをかけても売れない場合もあり、その匙加減は編集者の腕の見せ所かもしれません。

装丁と中身のマッチ

この『いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ—』は、心臓が専門の医師である稲葉俊郎氏(某俳優ではありません)が、いのちや体、病、治すことについて書いた本です。

f:id:kunurupu:20200511112331j:plain

表紙の赤さは、「いのち、血の赤さ」を連想させます。
また、図形のようなイラストは、本書の次の記述を、表したものかもしれません。

外へ向かう自分と、内へ広がる自分とを繋いでいるのは、命の働き、そのものだと思う。そうしたふたつの方向性を持つ自分は、波打ち際のような「場所」として重なり合い、相互に影響し合っている。命は、どちらの自分も失うことなく、損なうことなく、なんとか全体性を持って調和をはかろうとする働きを持っている。
(稲葉俊郎「いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ—」より引用)
 

今回は装丁についての話のため、中身については触れませんが、中身が折に触れて読みたい内容であるからこそ、手元に置くのに相応しい装丁なのだと思います。

装丁の美しさとは、手に取ってわかるもの

電子書籍も一般的になっている今、なぜ、あえて紙の書籍を所持するのか?

Amazonでお買い物ができる今、なぜ、あえて書店で本を購入するのか?

 

その答えは、人それぞれだと思いますが、今回はその答えの一つとして、装丁の美しさを挙げようと思います。

 

装丁の美しさとは、ただカバーに使用されているイラストや写真が美しいのとは訳が違います。

紙の質感や印刷の凹凸など、装丁の美しさは、そこにあるモノとしての美しさです

ブックデザインがよいだけでもありません。

ブックデザインだけがよくても、印刷技術が追いついていなければ、商品として問題があります。

 

装丁の美しさは、電子書籍では味わえないし、Amazonでのお買い物では、なかなか見つけにくいものです。

なぜなら、装丁の美しさは、手に取ってわかるものだからです。 

 

一度に複数冊を紹介しようと思ったのですが、説明が多すぎて一冊だけの紹介となりました。

次回は、また別の本を紹介します。

おまけ

ちなみに、『いのちを呼びさますもの —ひとのこころとからだ—』の本文はこんな感じです。

f:id:kunurupu:20200511111537j:plain

ブックデザインは、デザイナーの吉田昌平氏(白い立体)

www.shiroi-rittai.com

印刷・製本は、シナノ書籍印刷株式会社です。

豊島区の会社なのに「シナノ」なのは、昔は「信濃佐久新聞社」だったからだそう。

www.shi-na-no.com

表4だけ登場したのは、九螺ささら『神様の住所』です。

第28回 Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した現代短歌の本。

言葉が好きな人はきっと好き。