よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

今まで寄付したふるさと納税の返礼品のなかでよかったもの

さきほど、家に、ふるさと納税の返礼品のシャインマスカットが届きました。

f:id:kunurupu:20200926051014j:plain

大粒で、とっても立派なぶどうです。

 

数年前、シャインマスカットを初めて食べたとき、なんて上品な甘さで香りのよいぶどうなんだろう!と感激しました。それから、ぶどうはシャインマスカット推しです。

 

今回は、今まで数年間、寄付したふるさと納税の返礼品のなかで、よかったものを紹介しようと思います。

 

果物でよかったもの

我が家で一番多く返礼品でいただいているのは、果物だと思います。

 

柑橘系だと、温州みかんは、たくさんあってもすぐ食べてしまうし、

「せとか」などの品種のみかんも甘くて美味しかったです。

 

あと、完熟のきんかん「たまたま」。

「なに、たまたまって?」と最初思ったのですが、スーパーで買って食べてみて、皮ごとパクパク食べられるし、甘いし、さわやか。

ふるさと納税では、宮崎県にある自治体からいただきました。

 

宮崎県つながりで、マンゴーもよかったです。

なかなか高級なマンゴーって、普段食べられないですが、ふるさと納税では気兼ねなくもらえちゃうのがうれしいところ。

 

あと、満足度が高かったのがスイカですね。

10,000円の寄付で、丸のまま一玉届きました。

「下原すいか」が甘くて好きなので、長野県松本市に寄付していただきました。

期待通り、返礼品で届いたものも、とても甘くて美味しかったです。

 

果物をいただくときの注意点は、季節ものなので、時季にあわせて寄付しないといけないことです。

あとは、どうしても出来の良し悪しはありますから、外れに当たるのをなるべく避けるために、今まで食べて美味しかった産地や、有名な産地のものを選ぶようにしています。

 

やや日持ちのする果物加工品

りんごジュースと干し柿が好きで、ほぼ毎年、リピートしています。

 

りんごジュースは、瓶のものが一番美味しいと思います。

今まで、りんごの産地で有名な、青森や長野のものをいただきましたが、どこも外れることはありませんでした。

1Lが6本で、10,000円くらいでしょうか。

本数で寄付金額が変わるので、寄付の合計額の調整にも便利だと思います。

 

スーパーで瓶のりんごジュースを買うと、重いし、割高感がありますが、ふるさと納税だと逆にこんなにたくさんもらえるの?となるのが不思議なところ。

日持ちもするので、好きなときに飲めますし、常温保存ができるのがうれしいですね。

 

あと、干し柿。

りんごジュースほどではありませんが、冷凍・冷蔵保存で、生の果物より長く楽しめます。

 

しかし、干し柿は、前に、全然甘くもなければ美味しくもないものに当たってしまったことがありました。

産地がどこだったかは内緒です。立派な化粧箱に入ったものでしたが、食べる気がしなくて、なかなかなくなりませんでした。

 

その件で懲りた私がおすすめな干し柿は、長野県の市田柿。

もちろん、甘さはものによって違いますが、わりと安定した品質なんじゃないかと思います。

 

美味しかったチーズ

美味しいチーズって高いですよね。

ちょっと高く感じるものほど、ふるさと納税でもらえると特別感があっていいと思います。

 

今までいただいたチーズの中では、

北海道黒松内町の「アンジュ・ド・フロマージュ ナチュラルチーズ詰め合わせ」

千葉県いすみ市の「高秀牧場のこだわりセット」

がよかったです。

私はふるさとチョイスから寄付して、いただきました。

 

スーパーでは、なかなか大手メーカー以外の国産チーズって売っていないし、お取り寄せした甲斐があると感じます。 

 

家族に「なにそれ」と言われたもの

ふるさと納税で寄付先を探すとき、人があまりもらわない、でも、自分が好きなものをもらおうとして、検索沼にはまってしまうことがあります。

そして、通常のテンションであれば購入しないものを、何故かポチることがあります。

 

私が選んだ返礼品のなかで、家族に「なにそれ?」と、やや険しい顔で言われてしまったものを、2件紹介しましょう。ちなみに、私は全く後悔していません。

 

長野県茅野市の「縄文のビーナス・仮面の女神レプリカと縄文のビーナスキーホルダーセット」。

f:id:kunurupu:20200926051112j:plain

土偶、かわいいんですよね。

 

岡山県瀬戸内市の「夢二の猫木版画」。

f:id:kunurupu:20200926051130j:plain

竹久夢二の猫、かわいいですよね。

 

今年は家族に事前に、福島県西会津町の「赤べこ」をもらいたいと相談したら、「好きにしたら~」と、冷め気味に言われてしまいました。

かわいいのに、赤べこ。

 

寄付するさい、心がけていること

毎年、ふるさと納税を行うさいには、限度額を細かく計算し、計画的に寄付するようにしています。

 

他には、自分が欲しい返礼品をくれるところだけでなく、自分が子どもの頃にお世話になった地域にも寄付するようにしています。これは、なんだかいいことをした感があるという自己満足を得るためです。

 

まだ今年の限度額を超えていないので、これから、「ふるさと納税返礼品検索の旅」に出かけようと思います。検索疲れしない程度にほどほどに。

やっぱり、赤べこ欲しいなぁ。