よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

刺繍を始めました。

外出にあまり積極的になれない日々が続くなか、おうちで刺繍をやっています。

とくにスクールに通うでもなく、本と道具だけ買って、刺繍を始めました。

それでも、なんとかなっているような。

 

樋口愉美子先生に感謝

f:id:kunurupu:20200925110344j:plain

こちらは、刺繍作家・樋口愉美子の刺繍本『WOOL STICH』の「POPPY」の図案を参考に作りました。

まだまだ初心者で、うまく刺せるようになるといいなと思いつつ。

 

刺繍を始めようと、書店で刺繍の本を探したときに、樋口愉美子先生の刺繍本が私の好みに大ヒット。

なんて形容したらいいのでしょう。北欧っぽいといいますか、甘すぎないかわいらしさといいますか。

 

書店で「この図案いいな」と思って手に取る本は、すべて、樋口先生の本でした。

樋口先生の本がなかったら、私は刺繍をやらなかったんじゃないか(自分の好みにドンピシャの図案がなくて途方に暮れて)と思うくらいに、樋口先生には感謝しています。

 

あと、ミナ ペルホネン

そもそも、私が刺繍をやろうと思ったきっかけは、なんだったか忘れてしまいましたが、一番の影響は、ミナ  ペルホネンかもしれません。

 

ミナ ペルホネンの洋服には、機械による素敵な刺繍が施されたものがあります。

素敵だけれど、私には高価で、なかなか買えるお値段じゃありません。

 

しかし、諦めの悪い私は「じゃあ、自分で刺繍すればいいのでは⁉」と思い立ち、針と糸を手に取りました。

 

f:id:kunurupu:20200925110406j:plain

こちらは、刺繍を始めたその日くらいに刺繍をした、chouchoもどきです。

 

「著作権の問題がー」とおっしゃる方がいるかもしれませんが、ただ自分で使うつもりという、私的使用を目的にしているだけなので、法律も皆川さんも許してくれることでしょう。

 

 

そんなわけで、いつか、麻のシンプルなワンピースに、樋口先生の図案で刺繍をしたいというふうに思っているのです。きっといつの日か…。