よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

詩集ってやっぱり綺麗な装丁がいいですよね

f:id:kunurupu:20200618161716j:image

【装丁の話】の第3段です。

今回は、詩集シリーズ「詩の時間」を取り上げて、詩集の装丁について書きます。

「詩の時間」シリーズ

「詩の時間」は、ポエムピース社から刊行されている詩集のシリーズです。

「詩の時間」シリーズとして、最初に、谷郁雄『大切なことは小さな字で書いてある』、松崎義行『幸せは搾取されない』の2冊が刊行されました。

その後、第3段として、御徒町凧『雑草・他』が刊行されています。

f:id:kunurupu:20200618162308j:image

本のサイズは、新書よりもやや横が長い大きさで、鞄に入れて持ち歩けそうです。

四隅が丸く切り落とされていて、手で持ったときもいい感じ。

 

カバーはなく、やや厚い紙が表紙です。

表紙はシンプルなデザインですが、図形の銀の光沢が綺麗です。

 

表紙の裏側も、こんなふうに印刷がされています。

f:id:kunurupu:20200618161802j:image

 

本文に使われた紙は、表がつるつる、裏がざらざらといった、面白い手触りです。

f:id:kunurupu:20200618161807j:image

1ページあたりの文字数が少なく、級数(文字のサイズ)も大きいので、詩をゆっくりかみしめながら、読むことができます。

ノンブル(ページ番号)が内側になっていて、読んでいて邪魔にならないのもいいですね。

 

電子書籍ではなく、物としてある書籍だからこそ味わえる楽しさが、存分に感じられます。

 

デザインは、寄藤文平+鈴木千佳子。

印刷・製本は、株式会社上野印刷所。

詩集ってやっぱり装丁がよくなくっちゃ

文庫だと、確かに持ち運びは楽ですし、値段も安くなるでしょう。

しかし、詩集って、安さや機能性を追求するよりも、素敵な装丁だとうれしいなと私は思います。

 

詩集は、素敵な言葉が書いてあるのだから、外の装丁も素敵なものであってほしい。

小説よりも詩集は、気が向いたときに度々読むものであるからこそ、近くに置いてあって美しいものであってほしい。

そんなふうに思います。

 

また、詩集というのは、一般的に、小説よりも売れにくいジャンルであると思います。

なかなか詩集はベストセラーにはなりませんし、小さい書店だと単行本の詩集がそもそも置いてない=売れないと見なされていることもあります。

詩集は、「芸術性が高い、わかりにくい」と敬遠されがちなジャンルですから、見た目でアピールしていくことも、売るために必要なことだと思いました。

 

↓前回の【装丁の話】の記事です。目立つ装丁について書きました。