よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように。本・美術・手芸・素敵なモノや街のスポットについて書いています。

「言葉の発達が早いね」と驚かれる息子の1歳~1歳半の様子【その2】

前回は、1歳0ヶ月から1歳4ヶ月までの息子の言葉の発達の様子を書きました。

www.yoriyoihibiwo.com

 

今回は、1歳5ヶ月~1歳半まで。

息子は、1歳5ヶ月で2語文、1歳半で3語文を話すようなりました。

 

1歳5ヶ月の頃

1歳5ヶ月になる頃には、話せる言葉の数が100語くらいになりました。

 

好きな乗り物の関連の言葉が言えるようになりました。「バス・電車・バイク・信号・救急車」など。

他に「丸・三角・四角」を言えることができ、その形も理解できていました。

図形を理解することができたのは、ボーネルンド「ロックブロック」というおもちゃを1歳前からよく遊んでいたからかなと思います。

 

「青・赤・ピンク」など色の名称も言えるようになりましたが、色の名称と目の前にあるものの色が一致していないことが多く、正確な認識はできていないようでした。

 

名詞だけでなく、動詞や形容詞も言えるようになりました。

動詞は「行く・飛ぶ・乗る」など。

形容詞は「長い・酸っぱい・かわいい」など。形容詞は使用に不正確なところがあり、手探りで使っている感じでした。

 

話せる言葉が約150語を超えたくらいから言葉の発達が急に速くなり、息子が話せるようになった言葉を記録するのを諦めました。

 

2語文を話すように

1歳5ヶ月で、「電車行った」「椅子座る」など2語を使った文を話すようになりました。

 

この頃、「おなまえはなんですか?」と聞くと、下の名前を答えられるようになりました。「何歳ですか?」にも「1歳」と答えられるようになりました。

 

1歳半の頃

1歳半になってから、「新幹線あっち行った」「ばあばの車大きい」「柿もっと食べたい」といった3語以上使った文を話すようになりました。

 

「かっこいい」「かわいい」「美味しい」「すごい」といった感想を自発的に言えるようにもなりました。

 

いろいろな名称、地名も言えるように

「バク・トンボ・クラゲ・ライチ・ゴボウ」などいろいろな生き物、野菜や果物の名称が言えるようになりました。

果物と野菜はこちらのカードのおかげでたくさん言えるようになったと思います。

 

くもんの「のりものカード」は31種類の乗り物がカードになっていますが、「機関車」以外は全て言えるようになりました。

また、「はやぶさ」「こまち」などの新幹線の名称も言えるようになりました。

 

あるとき、「○○(息子の名前)はどこに住んでいるの?」と聞いてみたら、住んでいる場所の地名を答えられました。

両方の祖父母の住んでいる場所も聞いてみたら、それぞれの地名を答えられたので驚きました。夫と電車に乗ったり、日本地図を見たりして覚えたみたいです。

 

簡単な会話もできるように

たとえば、

親「パズルする?」息子「パズルする!」

親「どのパズルやる?」息子「はしご車」

 

親「今日パパと公園行ってきたの?」息子「滑り台しゅー」

親「滑り台滑ったんだね」息子「女の子いた」

親「公園に女の子いたんだね」

 

息子「もっと欲しいの!」親「何が欲しいの?」

息子「牛乳」親「牛乳はお風呂のあとだね、りんごもっと食べる?」

息子「りんごもっと食べる!」

というような感じです。

1歳5ヶ月くらいからイヤイヤ期が始まりましたが、何を要求しているのかだいたい会話でわかるので助かります。

 

歌も歌えるし、数も唱えられる

「カエルの合唱」は全部歌えるようになり、他の曲も数フレーズ歌うことができます。

1から10の数も、いつの頃からか唱えられるようになりました。ただ、数の概念は理解していないようです。

 

以上、言葉の発達が早いと思われる息子の1歳~1歳半までの様子でした。

 

たまに周りの親御さんから「言葉を促すために何かやっているの?」「幼児教育の教室に行っている?」など聞かれることがあるので、

次は親が息子にどういうふうに接してきたか書こうと思います。

 

↓前回の記事です。

www.yoriyoihibiwo.com