よりよい日々を

本と美術と考え事などをとりとめもなく

清澄白河でどこのコーヒー店さんに行くべきか

f:id:kunurupu:20191202231959j:plain

清澄白河には、おしゃれで美味しい今時のコーヒー店がたくさんあります。

ブルーボトルコーヒーやオールプレス・エスプレッソ、アライズ コーヒーなど…

どこに行くべきなのか?について、清澄白河に住みたいコーヒー好きがご紹介します。

スタバのコーヒーと何が違うのか?

上にあげた3店は、どこも店内がおしゃれで、インスタ映えばっちりです。

でも、見た目だけではありません。

一杯ずつの丁寧な抽出、自家焙煎などによって、コーヒーの味や香りが、普段飲むコーヒーとは全然違うのです。

清澄白河のどのお店がおすすめ?

清澄白河のお店でどこがよいのか?なんですが…

どこも激戦区で戦っているお店なだけあって、それなりに美味しく、

あとは好みの問題なのでは?というところです。

(答えになっていなくてすみません)

 

ですので、コーヒーに普段あまり興味のない人は自分が行きやすいところを、

コーヒー好きの方は情報を読んで、自分にあっていそうなところを選ぶのがいいと思います。

以下、それぞれの方向けに紹介します。

普段、とくにこだわりなくコーヒーを飲んでいる人

清澄白河で、何かのついでにコーヒーを飲みたい人は、

用がある場所から近い店を選ぶのがいいと思います。

  • 東京都現代美術館の近く→オールプレス・エスプレッソ
  • 清澄庭園や深川公園の近く→アライズコーヒーエンタングル
  • その中間→ブルーボトルコーヒー、アライズコーヒーロースターズ

コーヒー好きで何かしら知っている人

それぞれのお店の特徴から、自分の行ってみたいお店を選ぶといいと思います。

 

エスプレッソを飲むなら、オールプレス・エスプレッソ

ニュージーランドからやってきたお店。

店名のとおり、エスプレッソが飲めます。

f:id:kunurupu:20200113173818j:plain

 

エスプレッソとは、初めて頼んだときに、量が少ないし苦くて、びっくりする、あれです。

エスプレッソのほうがドリップコーヒーより、お湯に溶け出すコーヒー成分が多く、濃厚です。

お茶で例えると、煎茶がドリップコーヒー、抹茶がエスプレッソです。

 

だいたいの日本人はエスプレッソはそんなに…だと思いますので、ロングブラックがおすすめです。

ロングブラックは、エスプレッソをお湯で割ったもの。

お湯で割っても、ドリップコーヒーよりも濃い感じです。

 

実は、スタバにもアメリカーノというロングブラックと似たようなエスプレッソのお湯割り(焼酎みたい)があり、飲んでみましたがなんだか違う感じです。

アメリカーノとロングブラックの違いは、

  • お湯を後で入れる→アメリカーノ
  • お湯を先に入れる→ロングブラック

らしいです。

お湯を後で入れるロングブラックのほうが、ちょっと泡泡しているのが美味しく感じます。

 

また、どうしてもコーヒーに牛乳を入れたい方は、カフェラテなどの牛乳が入ったメニューもあります。

 

店内には自家焙煎(豆を自分のところで煎ること)の大きな機械があり、見るだけでわくわくしますよ。

一緒に売っているケーキも、濃厚でとても美味しかったので、ぜひコーヒーと一緒に召し上がってください。

 

酸味のある香りのいいドリップコーヒーを飲むなら、アライズコーヒー

自家焙煎の豆を使ったドリップコーヒーのお店です。

ドリップというのは、鶴の首のような先がついているドリップポットを、くるくる回してコーヒーを淹れる、あれです。

 

私が来店した際には、飲み物メニューはドリップコーヒーのみ

砂糖はどこかにあるようですが、場所が分かりにくい感じで、ミルクは置いてませんでした。

ブラックコーヒーが苦手な方には、あまりおすすめできません。

 

逆に、コーヒーはブラックじゃなきゃという方にはおすすめ。

飲み物のメニューがドリップコーヒーだけといっても、コーヒー豆の種類が数種類から選べるのです!

どれがよいか悩むかもしれません。

そんなときは遠慮せずお店の方と話してみましょう。

 

私が行ったときは、酸味のあるものが多い印象でした。

酸味があるコーヒーは苦手だと思っていた方でも、飲んでみると酸味だけでなくフルーティな香りがして、今までの酸っぱいコーヒーの固定概念が覆されるかもしれません。

 

清澄白河といえば、やっぱりブルーボトルコーヒー

青いボトルのロゴが有名で、清澄白河のコーヒー店といえば、ブルーボトルコーヒーを思い出す方も多いのでは。

 

アメリカからやってきた、サードウェーブコーヒーの代表とされるコーヒー店。

 

日本では、2015年にブルーボトルコーヒーが清澄白河に開店し、オープン当初は、3時間待ちという日もあったようです!

 

清澄白河でどこのコーヒー店にしようか悩む方は、まずは有名なブルーボトルコーヒーがよいのではないでしょうか。

エスプレッソやアメリカ―ノ、カップチーノなどの牛乳が入ったコーヒーも、ドリップコーヒーもあります。

また、レモネードやりんごジュースなどのコーヒーではないメニューもいくつか選べるので、コーヒーが苦手な同行者とも安心して入店できます

 

(清澄白河その他のお店編はこちらから)

www.yoriyoihibiwo.com

ちなみに、3店の中で私が一番好きなのは、アライズコーヒーです。