よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

「8月10日(鳩の日)」鳩サブレー

「8月10日」は「ハトの日」ということで、「鳩サブレ―」で有名な豊島屋では、毎年その日だけの限定商品を販売します。

 

  • 2017年はクリアポーチ
  • 2018年はトートバック

 

どちらもファンにはたまらない、鳩サブレ―のモチーフのもの。

勿論、中には鳩サブレ―が入っています。

 

2019年は鳩サブレ―を模した鳩サブレ―の缶

鳩サブレ―が1枚だけ入っているらしい!!

 

これは絶対欲しい!!!

ということで、

8月10日(土)に鳩サブレ―の販売店のある日本橋高島屋へ行ってきました。

日本橋高島屋に行ってみた

日本橋高島屋は午前10時半開店で、

私が並び始めたのは、午前10時45分頃。

 

すでに地下の売り場から、1階へ続く階段まで長蛇の列。

 

お一人様5個までで、1000個用意しているので多分足りると思います」

などという店員のアナウンスが聞こえてきました。

この時すでに開店時間から並ばなかったことを後悔…。

 

周りで並んでいる人は、20代から50代くらいの女性ばかりで、

ほとんどの人が一人で来ていて、

静かなものでした。

 

行列を誘導する高島屋の店員さんたちも慣れたもので、

割り込みをしてしまいそうになっている人に声掛けをしたり、

適度に列を進めたり、何も混乱なく待つことができました。

 

確か11時半くらいの時点で、

新規に並んでも買えない可能性が高いというアナウンス。

 

結局、並び始めから、1時間半ほどでようやく、

鳩サブレ―缶をゲット!

 

気になる見た目

話すよりもこのかわいさは見てもらったほうが早いので、

以下、写真です。

 

f:id:kunurupu:20190818133918j:plain

 

f:id:kunurupu:20190818134121j:plain

 

f:id:kunurupu:20190818134031j:plain

 

缶もかわいいけれど、やっぱり鳩サブレーは美味しい。

さくさくなのに適度な厚みがあって素朴な味 。

 

転売屋の餌食に…

並んだ後、メルカリなどを見ると1枚1,200円くらいで

転売されていて、びっくり。

 

販売価格は、1枚税込み301円 。

メルカリの送料175円、手数料10%を考えると、

数百円の儲けにしかならないけれど、

やっぱりこういう人いるんだなと。

 

鎌倉本店限定の金・銀の缶も心惹かれるが、

転売屋からは買わない、転売屋にならないを心に誓っているので、

今までそういう売買には手を染めたことがないです。

 

 

でも、他の物でも、限定商品が売られる度、

好奇心にかられてメルカリをついつい見てしまう自分がいます。

 

限定商品は好きだけれど、

転売はどうにかならないものかと思う今日この頃。

 

ちなみに、群馬には鶴サブレ―なるものがある。