よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

オクノ修/nakaban「ランベルマイユコーヒー店」

f:id:kunurupu:20190818144845j:plain

 

「ランベルマイユコーヒー店」は

京都の老舗喫茶店「六曜社」のマスターである

オクノ修氏の曲「ランベルマイユコーヒー店」を題材に

画家のnakaban氏が描いた絵本だ

 

前からnakabanさんの

綺麗な湖の底の世界のような

静かな夜のような不思議な絵が好き

よんだ感想

さっそく「ランベルマイユコーヒー店」を手に入れ、毎日眺めている

 

夜から朝へと街が変わる爽やかな時間や

コーヒーと喫茶店の魔法のような魅力が

つまった一冊で、nakabanさんの絵とコーヒーが好きな私にはたまらない

 

8月9日(金)〜9月8日(日)に

渋谷Bunkamura ミュージアムショップ  ナディッフモダンで

原画展が開催しているので、これは行かなくてはと思っている

 

「ちいさいミシマ社」

この本は、ミシマ社の「ちいさいミシマ社」という新レーベル

から出ている本である

 

この新レーベルでは

初版部数が、1000~3000部数くらい(ミシマ社としては少ないらしい!)で

本屋さんに買い切り55%で卸すという

 

 「部数が多いほどよい」「取次があたりまえ」といった出版の常識に

とらわれないミシマ社らしい新レーベルで

これからもどんな本が生まれるのか楽しみだ

 

ミシマ社についても話したいことがあるけれど、それはまた今度に

 

ちなみに、「ランベルマイユ」は架空の国らしいので

「ああ、ランベルマイユね(もちろん知ってますよ)」と言わないように注意です