よりよい日々を

本と美術と考え事などをとりとめもなく

「電気ブラン」といふ酒

「電気ブラン」というお酒を飲んだことがありますか?

 f:id:kunurupu:20190901232305j:plain

 太宰治の「人間失格」に

「酔いの早く発するのは、電気ブランの右に出るものはないと保証し…」

と出てきたり、

 

三浦哲郎「忍ぶ川」や

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」(偽電気ブランでしたが)などに登場し

名前だけは知っていて、気になっていたお酒でした。

 

「電気ブラン」という名前を読んで

私がイメージしたのは

地下室の薄暗い部屋で

フラスコ入った液体に電気を流してお酒を作る?

というような、なんだか怪しげなものでした。

 

私の妄想はさておき、

「電気ブラン」は実在するお酒で

浅草にある神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が発案した

ブランデーをベースにしたカクテルです。

 

「電気ブラン」が生まれた明治の頃は

まだ電気が珍しかったことから、新しい、ハイカラなものの名称に

「電気…」とつけることが流行していたそうで

「電気」にブランデーの「ブラン」を合わせたのが、このお酒の名前の由来とのことです。

 

ですから、電流をかけて…みたいなことは実際にはないみたいです。

 

「電気ブラン」が生まれた「神谷バー」は、令和の今も浅草で営業されています。

いわゆる、バーテンダーのいるバーというよりも

ビアホールというのかな?という感じです。

 

私がお昼時に覗いたときには

ご年配の方を中心に大盛況でした。

 

「電気ブラン」はお店でも、勿論飲めますが、

お店の横に、小さな売店があり、

そこで瓶(360ml)に入った「電気ブラン」を650円くらいで購入しました。

 

実際飲んでみた感想は…

まず、度数が高いです!

だって、40度だもの、そりゃそうだろうという感じですが。

 

味は、ブランデーベースですから

やはり一番似ているのはブランデーですが、

ブランデーのよい香りはあまりしません。

 

他の方の口コミを見ると

甘いと表現されている方がいましたが

辛いお酒に比べれば、たしかに甘いです。

ただロックで飲むと度数が高いので、それどころじゃないです。

 

「人間失格」で書かれた内容の影響のせいか、

度数が高い割には酔わない感じがしました。

 

割ると飲みやすく、やたら飲んでしまっても

二日酔いでだるくなることはありませんでした。

  

文学作品には心惹かれるお酒が多くあるような気がします。

葡萄酒、アブサンとか。

 

「ワイン」と言ってしまえば普通だし、

アブサンは今、成城石井で見かけることもありますが、

なんだか遠い世界の飲み物のようで心惹かれるのです。

もちろん、お酒は20歳からですね。

 

お酒ではないですが、京極夏彦の小説で読んだのか落語で知ったのか

「飴湯」という飲み物に憧れていたことがありました。

飴湯は、江戸や明治には、関東でも飲まれていたようですが、

やがて飲まれなくなりました。

一方、関西では、

「飴湯」を冷やした「ひやしあめ」なる飲み物が、今も流通しています。

 

関西の自販機で「ひやしあめ」を見かけて飲んだことがあります。

一口飲み、甘い飲み物があまり得意でない私は、

その甘さに頭が痛くなり、残りをすべて、そのとき一緒にいた甘党の人にあげました。

 

憧れのままのほうがよかったのかもと思いながらも、

たまたま見かけると試したくなってしましますね。

  

漱石が愛し、「坊ちゃん」にも出てきた「笹飴」という飴を舐めたこともありました。

美味しかったのですが、

あんなに怖ろしい思いをして、飴を食べたのは後にも先にもあの時だけです。

「笹飴」は非常に粘着力が高く、噛むと歯が取れる危険があります。

注意書きにも、「歯にくっつきやすく、噛まずにお召し上がりください」と書かれていました。 

 

そんな感じで、憧れの食べ物・飲み物は、結果はどうであれ、試してみたくなるものですね。