よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように。本・美術・手芸・素敵なモノや街のスポットについて書いています。

貝印「波刃が研げるシャープナー」を使って、研ぐ前・研いだ後を比較してみました。

貝印「波刃が研げるシャープナー」を実際に使ってみた感想です。

6年間研いでなかった波刃の果物ナイフを研ぎ、研ぐ前・研いだ後を比較してみました。

結論をいうと、とっても満足(☆5)。おすすめです。

 

今回、研いだナイフ

今回研いだナイフは、6年間研いでいなかった「ビクトリノックス・トマトベジタブルナイフ」です。

ギザギザとしたパン切り包丁みたいな刃の果物ナイフです。

f:id:kunurupu:20200603094542j:image

研ぎ方は、とっても簡単

波刃が研げるシャープナーの使い方は、砥石のすき間に、約10回刃を滑らせるだけ。

とっても簡単です。

f:id:kunurupu:20200603094432j:plain

 

トマトを切ってみた

研ぐ前のナイフでは、熟したトマトの最後のほうが切りにくかったです。

ぐにゃっとなってしまいました。

f:id:kunurupu:20200603094438j:plain

 

研いだ後のナイフは、とっても切りやすい!

こんな感じに薄く切れました

f:id:kunurupu:20200603094454j:plain

 

写真の左が、研ぐ前のナイフで切ったトマト。

写真の右が、研いだ後のナイフで切ったトマト。

f:id:kunurupu:20200603094451j:plain

研ぐ前に切ったトマトは、ギザギザな断面になっています。

切れにくいので、薄く切るのは難しかったです。

 

研いだ後はスパーンと切れ、トマトの断面も滑らかです。

食べ比べても、舌触りの違いがわかりました。

パンも切ってみたよ

ハード系のパンも切ってみました。

研いだら、こんなに薄く切れました。

f:id:kunurupu:20200603094500j:image

感想

よかった点

わざわざ果物ナイフ1本のために買うのも…とためらっていたのですが、

「波刃が研げるシャープナー」は、パン切り包丁、波刃の果物ナイフだけでなく、直線の刃の普通の包丁も研げます

他の包丁にも使えるので、最初からこれだけ買っておけば、よかったと後悔しました。

 

使い方は簡単で、切れ味がよくなるし、安心の国産。

価格は1,000円ちょっとくらいなので、コスパが高いと思います。 

悪かった点

デザインが、そんなにおしゃれじゃないことですね。

日本のメーカーのキッチン用品にある普通のデザインです。


私が調べた限り、パン切り包丁などの波刃を簡単に研げるシャープナーが、貝印「波刃が研げるシャープナー」の他に売っていません。

そのため、「Casa BRUTUSみたいな生活をしたいんだ!」と思っていても、パン切り包丁を研ぐためには、これを使うしかありません。

 

キッチン用品のメーカーさんには、普通のものを売ると同時に、値段が高くてもいいので、デザインにこだわったラインも作ってほしいですね。

まとめ

研ぐ前は研がなくてもいいかなぁと思っていましたが、やっぱり研ぐと、全然違いますね。

これまで、いかに切れ味が悪かったかわかりました。

これからは「波刃が研げるシャープナー」がない生活には戻れそうもないです。

 

6年間愛用している「ビクトリノックス  トマトベジタブルナイフ」について書いた記事です。

www.yoriyoihibiwo.com