よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

6年使っているおすすめ果物ナイフ「ビクトリノックス トマトベジタブルナイフ」

f:id:kunurupu:20200516064414j:image

「ビクトリノックス トマトベジタブルナイフ」は、無茶苦茶切れる果物ナイフです。

金額は1000円くらいなのに、スイス製。

我が家では6年前に購入してから、平均週3回使用しています。

6年使ってみての感想です。

まず、手を切ります

買ったばかりの頃、「ビクトリノックス トマトベジタブルナイフ」は、本当に無茶苦茶切れます

果物の皮でも剥こうとすると、たまに手を切っていました。

家族は、その切れ味のよさに「このナイフは怖い!もう、使わない!」などと叫んでいました。

 

しかし、やがて慣れるとコツをつかんで、手を切らなくなります。

叫んでいた家族も、なんだかんだ言って、しょっちゅう使っています。

 

何故こんなに切れるのか?

製造元のビクトリノックス(Victorinox)は、キャンプなどで使われるアーミーナイフ(多機能ナイフ)のメーカーでもあります。

マニアが使っているナイフも手掛ける会社の果物ナイフだから、こんなに切れるのねって感じですね。

6年使っても、使えるのか?

切れ味抜群の「トマトベジタブルナイフ」ですが、さすがに6年も使っていると、最初ほどの切れ味はなくなります。

しかしながら、6年経っても普通に使えています

1度も研いでませんが、普段切る分には、問題ないと感じています。

この記事を書いた後、研いでみました。

ちゃんと研いだほうがよいことを思い知りました。

www.yoriyoihibiwo.com

かたいパンは切れるのか?

幅広い用途に使えて、トマト、キウイ・レモンなどの果物、チーズ、パンを切るのに使っています。

 

他の果物ナイフと違って、ギザギザした刃なので、パンを切りやすいと思います。

ハード系のパンが好きでたまに買っていますが、基本的に「トマトベジタブルナイフ」でギコギコ切っています。

f:id:kunurupu:20200516071030j:plain

刃渡り11cmなので、サイズが大きいパンの場合はちょっと切りにくいです。

フレンチレストランでも使われていた

外食で行った人気のフレンチレストランで、客席でステーキを切るために、「トマトバジタブルナイフ」が使われているのを見たことがあります。

肉も簡単に切れましたけど、お皿を傷つけるので、まな板の上で使用したほうがいいと思います。

もし、買い替えるなら…

価格は1000円くらい!

オレンジ・黄色・ピンク・緑・赤・黒の6色で、カラーバリエーションも豊富。

「切れ味抜群」も実感できるし、普通の人には6年も使える、おすすめのナイフです。

まだ使えそうですが、買い替えるときも、また「ビクトリノックス トマトベジタブルナイフ」を買おうと思います。 

 
6年前のものですが、参考に説明書をアップします。
f:id:kunurupu:20200516063900j:image
f:id:kunurupu:20200516063905j:image
 
「ビクトリノックス トマトベジタブルナイフ」の研ぎ方についてはこちらから。