よりよい日々を

本と美術と考え事などをとりとめもなく

網代幸介「サーベルふじん」

網代幸介「サーベルふじん」

 

「サーベルふじん」と聞いて

何をイメージするでしょうか

 

まずは、こちらの絵本をご覧ください

f:id:kunurupu:20190901232403j:image

 

夫人のお顔が、サーベル…!?

という、なかなかインパクトのある絵本「サーベルふじん」です

 

~あらすじ~

サーベル夫人は、顔のサーベルを使って、ピザを切ったり、髪を切ったりと、

みんなのよろこぶ顔を見たくて、目が回るほど(目はどこなんだろう?)働きます。

そんな日々がいつまでも続くように見えたが…?

 

サーベル夫人がどうなってしまうのか気になる方は、是非絵本を手に取ってみてください

 

私はこの絵本の作者網代幸介さんのちょっと怖いような、かわいいような、幻想的な絵が好きで、こちらの絵本を手に取りました

 

この本の中では、サーベル夫人が踊っている絵がシュールで、とても好きです

 

それと、サーベル夫人の他にも、パウロやダニエルなど(私にとっては)かわいいキャラクターがたくさん出てきます

巻末にキャラクター紹介のページがあるので、どこに出てきたっけと探すのも面白いです

 

子どもだけでなく、大人も見て楽しめる絵本だと思います

 

「サーベルふじん」が、なぜ、顔がサーベルかについて

夫人は事故か何かで顔をなくし

顔の代わりにお花などを首にさしていたようなのですが

あまりしっくりせず、サーベル夫人の夫であるカエサルのサーベルをさしたところ

しっくりきて、それから「サーベル夫人」になったそうです

 

先日、網代さんの山口洋祐さんと二人展に伺った際に

網代さんが在廊されていて、上に書いたようなことを伺いました

 

サーベル夫人は、顔がサーベルという設定だから…と思い込んでいた私には

そんなことがあったなんて考えもしていませんでした

そのことを知って読むと、サーベル夫人の健気さにさらに心動かされます