よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

食べ比べた結果は…?「峠の釜めし」「だるま弁当」

f:id:kunurupu:20200720112055j:plain

群馬を代表するお弁当「峠の釜めし」と「だるま弁当」。

どちらも容器がかわいいですよね。

 

今回、「峠の釜めし」と「だるま弁当」を食べ比べてみました。

みなさんは、どちらが好きでしょうか?

峠の釜めし

「峠の釜めし」は、群馬だけでなく、日本を代表する駅弁といってもいいかもしれません。

益子焼の容器が特徴で、発売開始から60年経った現在も人気があります。

 

焼き物の容器は、旅行客の要望がきっかけ

「峠の釜めし」誕生のきっかけは、旅行客の要望でした。

 

峠の釜飯を作る荻野屋は、群馬県・横川駅前のお弁当屋さんでした。

 

社長自ら、列車の旅行客に、どんなお弁当がよいかを聞いたところ、「あたたかくて、家庭的な楽しいお弁当」という要望が多いことを知りました。

その要望に応えようと、益子焼の土釜に入った、温かくて美味しい「峠の釜めし」が開発されました。

 

それまでの駅弁の常識をくつがえす「峠の釜めし」は雑誌に紹介されるなど、有名になり、現在に至ります。

 

峠の釜めしの中身は?

f:id:kunurupu:20200720112122j:plain

具材は、うずらの卵・栗・ごぼう・杏子・椎茸・たけのこ・鶏肉・紅生姜・グリンピースです。

具の下は、炊き込みご飯。香の物のセットがつきます。

 

煮物が美味しいですね。

杏子や栗は意外な組み合わせでしたが、煮物に合う感じがします。

カロリーは、756Kcal。

 

峠の釜めしの値段

「峠の釜めし」の価格は、税込1,100円です。

1,100円のうち、容器代がいくらなのか、ちょっと気になってしまいます。 

 

だるま弁当

f:id:kunurupu:20200720112139j:plain

真っ赤なだるまの容器が、かわいいだるま弁当。

高崎市郊外に少林山達磨寺があることから、だるまの形なんだそうです。

 

昔は陶器の器だったのだとか。

陶器は、「激シブ」ですね。

でも、陶器の容器も欲しいなぁ。

 

「だるま弁当」は「峠の釜めし」の影響を受けたのでは?

「だるま弁当」の販売開始は、1960年。

「だるま弁当」は、1958年販売開始の「峠の釜めし」に影響を受けたのかな?と思います。

 

「峠の釜めし」は1958年に販売し、同年に雑誌に取り上げられるなど、人気が出ています。

 

真偽は不明ですが、人気の「峠の釜めし」に対抗して、「だるま弁当」という陶器のお弁当を作ったのかもしれません。

中身もやや似ていますが、鶏めし弁当は「峠の釜めし」登場前からあるので、どちらも鶏めし弁当の変化形なのだと思います。

 

1973年に、「だるま弁当」は、「激シブの陶器」から、「親しみやすいダルマのプラスチック容器」になり、オリジナル度も高まりました。

 

だるま弁当の貯金箱、いくら貯まる

「だるま弁当」の容器は、食べ終わった後、貯金箱にできます。

500円玉でおよそ27万円貯まるのだとか。結構、貯まりますね!

 

具沢山な駅弁

蓋を開けると、彩り鮮やか。

f:id:kunurupu:20200720112221j:plain

具材は、山菜・竹の子・椎茸・鶏肉・鶏のゴボウ巻・花豆煮・こんにゃく・栗・山くらげ・小ナス漬け・山ごぼうです。

 

ご飯は炊き込みご飯。

とくに、鶏のゴボウ巻きが美味しかったです。


カロリーは、626Kcal。

 

だるま弁当の値段・販売店

「だるま弁当」の価格は、税込1,100円

「峠の釜めし」と同じ値段です。

 

高崎駅・横川SA・東京駅・上野駅・大宮駅などで販売しているようです。

 

「峠の釜めし」「だるま弁当」食べ比べた結果…

食べ比べてみて、味にまとまりがある「峠の釜めし」のほうが私は好きでした

 

いろいろなおかずを食べたい方は、おかずの種類が豊富な「だるま弁当」のほうがよいかもしれません。

 

また、容器ですが、「だるま弁当」の容器はプラスチックなので、持ち帰り&捨てるのが楽です。

もちろん、捨てずに、洗って貯金箱にも使えます。

 

「峠の釜めし」の容器は、下に穴をあけて、植木鉢にしている人もいるみたいですが、ドリルなど工具が必要ですね。

 

値段は、両方とも税込1,100円。

カロリーは、「峠の釜めし」のほうが高いです。

 

みなさんは、「峠の釜めし」「だるま弁当」どちらがお好きでしょうか?