よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

イサムノグチのAKARIのような灯りを買う。

名作の照明特集で、決まって紹介されるイサムノグチのAKARI(あかり)。

私も「AKARIのペンダントライトを買おう!」と思ったですが、一つ問題が…。

結果、イサムノグチのAKARIのような灯りを購入することにしました。

ペンダントライトとは、天井からつるす照明のことです。

 

イサムノグチのAKARI 暗い問題

私が調べたところによると、イサムノグチのAKARIのペンダントライトは1灯なのです。

いろいろな種類があるので、もしかしたら、そうじゃないのもあるのかもしれませんが、調べても調べても、検索結果に1灯のものが出てきます。

 

1灯とは、一つの電球で照らすということ。

照明に詳しくない私ですが、なんとなく、暗くない?と思ったのです。

 

我が家だと、1灯で照らしているのが、お風呂場・脱衣所・トイレ・玄関とか、狭い空間だったり、暗くても差し支えない場所です。

 

私がAKARIを使用したい部屋は、4.5畳の和室。

主に寝室と読書に使っている部屋です。補助の照明を置けばいいのかもしれませんが、狭いし、大きなスタンドランプを追加で置くのは難しい…という感じ。

それに、数年以内に多分引っ越しをするので、引っ越し先で6畳の部屋とかにつけることになると、さらに暗くなるんじゃ…と心配。

 

でも、AKARI、和室の寝室にちょうどよさそうなんだよなと諦められず…。 

1灯は、そもそも本当に暗いのだろうか?を調べました。

 

4.5畳・6畳に1灯は暗いのか

たとえば、100wのE26口金のLED電球をつけると、明るさは1520lm(ルーメン)くらい。

 

なんだ、ルーメンって、という感じなのですが、明るさの単位なのだそう。

 

この部屋に、ルーメンがどのくらいあればよいのかという基準は、一般社団法人 日本照明工業会が定めた「LED照明器具の適用畳数」というものがあります。

LED照明器具の適用畳数について | 始めよう!あかりの省エネ | JLMA 一般社団法人日本照明工業会

 

リンク先の「LEDペンダントライトの適用畳数の表示基準」の表を見ると、

~4.5畳 1,980~2,879lm

~6畳       2,430~3,329lm 

となっています。

 

つまり、この基準だと、「AKARIに、100wのLED電球をつけたとしても、4.5畳・6畳どちらでも暗い」と結論づけることができます。

100wで1520lmでしたからね。

販売サイトによっては、AKARIに60wのLED電球をつけることを推奨しているようなんですが、それだと、810ルーメンくらいです。もっと暗いです。

 

ただ、明るさには好みがあるので、必ずこの基準を守らないといけないかというと、そうでもないと思うのです。

勉強部屋と寝室では、求められる明るさも違いますし。

 

私自身も、夜は明るすぎないところで過ごしたいという気持ちがあります。しかしながら、やっぱり明るくしたいと思ったときの保険も欲しいし…と悩みました。

ノグチイサムが、2灯や3灯のAKARIをデザインしてくれたら、よかったのに思うのです。

 

【出した結論】AKARIのような別ものを買う

私は悩みの中、ひたすら検索をしていました。

そして、見つけたのです。

 

こちらの会社で出している商品は、2灯や3灯のタイプもあるので、私の希望にぴったりです。

 

正直、イサムノグチのAKARIだから欲しいという気持ちも少しありましたが、

それより何より、寝室で天井を見上げた時にまぶしくない照明が欲しい、でも、シーリングライトは嫌だ、つまらないから!

と思ったのが、今回、照明を探した一番の理由でした。

これまで、引っ越し前から部屋についていた照明器具を使っていて、それは丸型蛍光灯がむき出しのタイプなので、寝転がったときに、目にやさしくないのです。

 

ちなみに、こちらの会社以外にも、Panasonicでも既視感のある照明を作っています。

 

 

結局、先に挙げた岐阜の会社の照明を購入し、4.5畳の和室に設置しました。

f:id:kunurupu:20201007141157j:plain

↑この写真は、照明を見せる用で、実際の明るさではありません。

 

2灯タイプに、60w電球色を使用しました。

付属のヒモを引っ張って、2灯→1灯→豆電球に切り替えられるのが、うれしいところです。

 

AKARIには、ヒモがないので、それも問題でした。

電気のスイッチがない部屋なので、追加で購入してリモコン式にしないといけないと思っていたのです。

 

4.5畳×60w(1灯と2灯)の明るさ

4.5畳の和室で、60wの明るさがどのくらいか、写真を載せます。

 

カメラには自動的に露出(明るさ)を補正する機能があるので、そのまま撮ると、実物の明るさと全然違うものになります。

私が画像編集で見た目と近い感じにしたのですが、あまり自信がないような。

パソコン・スマホの画面の明るさでも見た目が変わりますし。

なんとなく雰囲気伝わればという写真です。

 

↓この写真が、60w×2灯の明るさに近いもの。

f:id:kunurupu:20201007135211j:plain

目が慣れてくるともう少し明るい感じがします。

 

↓1灯だと、このくらいの明るさかな。

f:id:kunurupu:20201007135232j:plain

 

 

使っている電球が、電球色なので、オレンジ色の光です。

60wの2灯は1,620lm。明るくはないけど、寝室だからOKかなという感じです。

 

こちらの照明は、100wをつけることもできるので、2灯で3,040lmも可能。

さきほど紹介した「LEDペンダントライトの適用畳数」に照らし合わせても、6畳も大丈夫そうです。

 

ちなみに、電球は近所のホームセンターで安かったのでアイリスオーヤマにしました。

 

照明の高さ問題

コードの長さは、最初は50cmなのですが、30㎝にカットしてもらいました。

コードの長さは、後からコードアジャスターで縮めることもできます。

 

床からぼんぼりまでの高さが170cmちょっとくらいなので、家族がたまに頭をぶつけていますが、紙風船のような感じで、今のところ互いにダメージはありません。

破けたら、ぼんぼりだけ購入することもできるみたいです。

 

目線と電球が近いので、60w2灯で、立って近くから見るとちょっとまぶしいです。

それなので、100w2灯は、立っていると結構まぶしいかもしれないなと思います。コードを調整して、上に持ち上げたらいいかもしれません。

 

 

ぼんぼりの直径は39cm

4.5畳に設置するのに、ちょうどよい大きさだと感じました。大きいと感じる人はいるかもしれないけど、小さいと感じる人は少ないかもしれません。

AKARIだと、「AKARI 37D」が近いサイズになるのでしょう。

 

 

結果的に、AKARIを買わないという選択になってしまいました。

今回の購入品は、今のところ、寝転がったときに目が痛い問題が解消され、雰囲気もよくなったので、買ってよかったかなと思っています。

 

調べていて、AKARIのスタンドランプもいいなーと思ったので、やがて、AKARIも別の形でお迎えするかもしれません。