よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

夏のウスネオイデスの水やりについて

f:id:kunurupu:20200923092536j:plain

室内の窓辺で、エアプランツのウスネオイデス(スパニッシュモス)を育てています。

この夏、ウスネオイデスの水やりをどんなふうにしていたか、書こうと思います。

植物に関して素人なので、私個人はこうやっていますという記事です。

 

ウスネオイデスの水やりの頻度 

以前、別記事で書いたのですが、購入したときのタグには、

 

【夏/冬】

S+M+S+M

と書かれていました。

 

「S」はソーキングで、「M」はミスティングのこと。

おそらく、1週間ごと、ということなのかな?と思い、

エアコン使用前の夏(6月頃)は、一週間ごとに、ソーキング、ミスティングを行いました。

 

ソーキングは、たらいに水をためて、2時間くらいつけています。

ミスティングは、たらいに水をためて、少しだけつけています。

どちらも、必ず夜にやりました。

水につけたあとは、キッチンのシンクの上につるして、一晩乾かします。

 

エアコン×室内での水やり

その後、さらに暑くなり、ウスネオイデスのある部屋では、ほぼ24時間エアコンが稼働する状態になりました。

エアコンの温度設定は28~29度くらい、あまり低くないのですが、それでも外よりはだいぶ涼しい感じ。

それと、エアコンによる乾燥も気になります。

 

そのため、エアコン使用中の夏(7・8月)は、一週間に1回、ソーキングを行っていました

 

その後のウスネオイデスの状態は?

ウスネオイデスは、とくに問題なく、夏を終えることができました。

ただ、ずっと室内のせいか、それとも夏だったからか、あまり成長は見られませんでした。

 

反省点は、エアコン使用中、風通しをあまり気にせずにいたことでしょうか。

 

植物は、水・日光・風通しが大切だといいますが、風通しがどの程度必要なのか、まだつかめていません。

最近は、9月下旬でだいぶ涼しくなったので、部屋の窓を開け、なるべく風に当ててあげるようにしています。

 

↓ウスネオイデスの花が咲いたときのことを書きました。

www.yoriyoihibiwo.com