よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

とっても簡単、ミモザのドライフラワーの作り方

とっても簡単なミモザのドライフラワーの作り方です。

ミモザは、生花として飾った後にも、ドライフラワーで楽しむことができます。

家にヒモがあれば、追加費用はかかりません。

これはやるっきゃないですね。

 (家にヒモがない場合)スーパー・百円均一などで、ヒモを買ってくる。

f:id:kunurupu:20200326150809j:plain

調理用のたこ糸なら、スーパーにも売られています。色が白いのが気になるようなら、紅茶で煮て染めてもいいかもしれません。

もちろん、麻紐でもOKです。

 

一枝ずつ縛って、干す。

f:id:kunurupu:20200326150843j:plain

干すときには、早く乾燥しやすいように、一枝ずつ干します。

お風呂場などの湿気の多い場所ではなく、乾燥した日陰に干しましょう。

 

1~2週間して、パサパサになったら、好きなふうに飾る。

f:id:kunurupu:20200326151013j:plain

パサパサになったらできあがりです。

葉が落ちやすいので、あまり触りすぎないほうがいいでしょう。

他の枝とまとめて壁に飾ってみました。

 

日持ち(寿命)ですが、かびたり、ほこりまみれになったり、虫が食わないかぎりは大丈夫です。

お部屋のお掃除のときに、ほこり取り払うなど、お手入れしましょう。

 

とっても簡単なミモザのドライフラワーの作り方でした。

ミモザは木なので、枝がしっかりしていて、はじめての方でもドライフラワーが作りやすいかと思います。 

www.yoriyoihibiwo.com