よりよい日々を

本と美術と考え事などをとりとめもなく

木製食器をオイルでお手入れする方法  『台所道具を一生ものにする手入れ術』より

木製食器がガサガサするのは、油分が落ちているためです。木に適したオイルでお手入れして、つやつやな木の輝きに戻してあげましょう。

使うオイルは、サラダ油やオリーブオイルではなく、エゴマ油などの乾性油です。

今回は、日野明子『台所道具を一生ものにする手入れ術』を参考に、エゴマ油でお手入れしてみました。

木のお皿、カトラリーのオイルによるお手入れ方法

日野明子『台所道具を一生ものにする手入れ術』(誠文堂新光社)では、エゴマ油で木製食器をお手入れする方法が紹介されています。

特別な手入れ<木に潤いを与える>

1 エゴマ油を塗る  木肌がカサついたときは、キッチンペーパーにエゴマ油などの乾性油を染み込ませ、器全体にたっぷり塗る。

2 余分な油は拭き取る  新しいキッチンペーパーで余分な油を拭き取る。

3 油分を乾かす  立て掛けて、油分をしっかりと乾かす。

(日野明子『台所道具を一生ものにする手入れ術』より引用)

実際に家にある、木製スプーン、バターナイフ、ゴマすり器で試してみました。

1.エゴマ油を買います。

f:id:kunurupu:20200316141708j:plain

近所の普通のスーパーで、「味の素 えごま油100%」を約550円で購入しました。

2.エゴマ油をキッチンペーパーでたっぷり塗ります。

f:id:kunurupu:20200316141410j:plain

キッチンペーパーにエゴマ油を、多めにつけて塗りました。

3.新しいキッチンペーパーで拭いて、乾かします。

f:id:kunurupu:20200316142456j:plain

エゴマ油は匂いがほとんどしないので、木に匂いが残りません。

また、さらっとしていてべたつかず、拭くのも楽でした。

乾かして、変なシミになることもなく、とっても簡単です。

 

<木の台所道具たち>
ごますり器 :「そうび木のアトリエ」

バターナイフ:「陶片木」

スプーン  :「All(PROPELLERDESIGN)」

木のお皿、カトラリーの普段のお手入れ方法

オイルを使って木製食器をお手入れするのは、木がガサガサしたときの特別なお手入れです。

普段のお手入れ方法は、『台所道具を一生ものにする手入れ術』によると、油もので使ったどうかで分けるそうです。

油が気にならないとき→ぬるま湯で洗う

油もの       →洗剤で洗う

 

私が普段行っているやり方は、こんな感じです。

木製ゴマすり器・バターナイフ→使い終わった後にキッチンペーパーで拭くだけ

木製スプーン→洗剤で洗う

ゴマすり器・バターナイフの「洗剤で洗わない」は、購入したお店の方がおすすめしていた方法に従っています。2、3年使っていますが、このやり方で調子がいいです。

一方、木製スプーンは、毎回、洗剤を使っていて、ガサガサしがちです。

 

ガサガサする木製食器とそうでないものの違いは?

ざっくり分けると、次のような感じです。

洗剤で洗ってガサガサする→オイルなどによる塗装

洗剤で洗ってもガサガサしない→ウレタン塗装など

 

お店でどちらかを確認するには、店員さんに聞くのが一番ですが、自力で確認したいときには次のように確認しています。

触ってつるつるしているもの→ウレタン塗装

触ると少しガサガサを感じるもの→オイルなどによる自然塗装

 

なぜ、木製食器にサラダ油やオリーブオイルは駄目なのか?

サラダ油、オリーブオイルは、不乾性油なため、木製食器に塗るとべたべたします。

それと、匂いも気になります。

どうしても使いたい場合は、薄くつけて使用してもいいみたいです。

 

実際に木のスプーンにサラダ油を塗ってみると、匂いが少し気になり、ややベタベタしたので、あくまでも代用という感じです。

 

エゴマ油の注意点・代わりのオイルは?

エゴマ油は、木のお手入れには最高のオイルです。しかし、残りを食用として使用する場合は、次の注意が必要です。

(1)生での使用推奨

(2)約1カ月以内の消費推奨

(3)冷蔵庫での保管推奨

エゴマ油は、「オメガ3(n-3系脂肪酸)が摂れる!」ということで、健康志向の方々の間では人気がありますが、不飽和脂肪酸が多く劣化しやすいため制約があります。

 

エゴマ油の代わりのオイルとして亜麻仁油も、エゴマ油と同じの(1)~(3)のデメリットがあります。

他にも、亜麻仁油は、エゴマ油よりも値段が少し高く、匂いが強いように感じるので、亜麻仁油よりエゴマ油のほうがよいと私は思います。

 

他の木製食器のお手入れ用オイルとして、クルミ油(ウォールナッツオイル)がよく紹介されていますが、普通のスーパーではなかなか見かけない油です。

クルミ油は、蕎麦打ちの麺棒の手入れなどに使われているようで、ネットショップでは取り扱いがあります。

まとめ

・木製食器のオイルでのお手入れは、エゴマ油がいい

・ちょっとめんどくさいという人は、ウレタン塗装のものをそもそも買うか、サラダ油・オリーブオイルで代用 

 

www.yoriyoihibiwo.com