よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

「美術展は、なぜ混雑しているの?」 古賀太『美術展の不都合な真実』の感想

f:id:kunurupu:20200622164947j:image

「あの美術展は、なぜ混雑しているの?」

「どうして、美術館の常設展のほうはガラガラ?」

その疑問と深くかかわるのが、美術館とマスコミの関係です。

古賀太『美術展の不都合な真実』(新潮新書)を読み、人気の美術展の裏話に驚きました。

混雑している美術展。ガラガラの常設展。

海外の有名美術館から作品を借りてきた「○○美術館展」といった「企画展」は、土日にもなると、満員電車のように混雑します。

 

他方で、美術館の所蔵作品を展示している「常設展」は、ガラガラ。

一つの展示室に、一人の観客と監視員しかいないこともあります。

 

私は、美術展を見始めるようになって、このことをずっと疑問に思っていました。

 

美術展が混む原因は、新聞社・TV局⁉

f:id:kunurupu:20200622164719j:image

古賀太『美術展の不都合な真実』によると、「○○美術館展」のような大きな企画展には、新聞社やテレビ局がかかわっているのだそうです。

 

たとえば、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」のポスターを見ると、「主催」のところに、次のように書かれています。

主催:国立西洋美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、読売新聞社、日本テレビ放送網

 

『美術展の不都合な真実』によると、話題になる展覧会の多くは、新聞社やテレビ局が主催としてタッグを組んでいるのだそうです。

そして、この仕組みは、日本独自のものなんだとか。

 

主催の新聞社・テレビ局は、自社の媒体をフル活用して、「○○美術館展」を広告宣伝します。

その宣伝の効果で、客はどんどん増え、まるで絵ではなく、人の頭を見るような美術展ができあがるという訳です。

 

企画展をすると、マスコミは儲かるのか?

なぜ、そこまでしてマスコミは、企画展に客を入れたいのか?

それは、全盛期よりも本業の収益が減ったマスコミが、美術展のチケットをたくさん売って、儲けたいからです。

国立館の共催展のチケットは「常設展もご覧いただけます」と案内されますよね。この仕組は、チケットひとり分につき、常設展分の料金が美術館に配分されるということです。つまり、共催展チケットが1700円でもともとの常設展が500円であれば、1700円のチケット収入のうち500円分が美術館の、残りがメディアの取り分です。

(美術手帖「大型展覧会は変わるべき? 『美術展の不都合な真実』著者・古賀太に聞く」より引用)

名画を海外から持ってきて、展示をするには、輸送費、保険費、監視員などの人件費など、多額の費用がかかります。

 

経費の負担の割合など、詳しくは『美術展の不都合な真実』を読んでほしいですが、

主催の新聞社やテレビ局は、展覧会にかかる費用を負担しています。

その費用を回収するために、さらには儲けるためには、大勢の客を美術館に入れないといけないという訳です。

 

「美術展が、なぜ混雑しているの?」という疑問。

その答えの一つは、「マスコミが収益を得るために、集客しているから」となります。

 

裏を知っている人だから書けること

 『美術展の不都合な真実』を書いた古賀氏は、朝日新聞社で展覧会の企画に携わっていました。現在は、日本大学芸術学部教授(専門は映画史)です。

 

つまり、実際に、新聞社で展覧会を企画していた人が書いた本です。

 

「美術館女子」炎上にも、新聞社との関係が

ところで、2020年6月、「美術館女子」というワードが、Twitterを中心に炎上したのをご存知でしょうか。

「美術館女子」――。読売新聞で「月刊チーム8」を連載中のAKB48チーム8のメンバーが各地の美術館を訪れ、写真を通じて、アートの力を発信していく。

(読売新聞「美術館女子 東京都現代美術館×小栗有以」より引用)

女性アイドルが美術館を訪れるという、この企画の名称が「美術館女子」でした。

この企画に、

  • 『○○女子』というジェンダーハラスメントではないか。
  • 作品よりも『映え』を優先するのは間違っている。

などという批判が殺到しました。

その批判を受け、「美術館女子」のサイトは公開終了となりました。

 

このプロジェクトを行ったのが、全国約150の公立美術館で作る「美術館連絡協議会」と読売新聞オンラインです。

ここにも、美術館とマスコミの関係があります。

 

この炎上は、『美術展の不都合な真実』刊行後の出来事ですが、この本には「美術館連絡協議会」という組織が何をやっているところか、についても書かれています。

 

日本の美術館が抱える問題

あとがきに、関係者から「そこまでばらさなくても」と言われるかもしれないとあるように、

裏を知っている人だからこそ書けた「美術館とマスコミ」の関係。

そこには、一般人が知らない、マスコミに依存した日本独自の美術館の姿があります。

「美術館が好き!」だけにとどまらず、今、日本の美術館が抱える問題について考えてみませんか?

 

『美術展の不都合な真実』私の感想

以下は、私の『美術展の不都合な真実』を読んだ感想です。

 

今まで、私は美術館に行く中で、疑問に思っていたことが、いくつかありました。

  • 東京国立近代美術館の常設展はよいのに、なんで、ガラガラなんだろう。
  • 海外の美術館は、あんなに空いていたのに、どうして日本は…。
  • 「フェルメール展」は時間日時指定制でも、混雑が本当に酷かった。
  • 主催の「○○新聞」や「〇〇テレビ」は、何してるの?

『美術展の不都合な真実』を読んで、これらの疑問が氷解しました

 

この本では、「○○美術館展」について批判的に書かれています。

それでも、私は有名な絵が見たいときには、これからも「○○美術館展」にも行くと思います。

「ロンドンナショナルギャラリー展」のチケットも買ってあります。

 

しかし、本書を読んで、企画力のある美術展に着目したり、常設展へもっと行きたいなと思いました。

 

本書の終わりには、「本当に足を運ぶべき美術館はどこか」と題して、行くべき美術館が書かれているので、参考にしようと思います。

そこに書かれた、いくつかの美術展には私も行っていて、「確かに、よかった!」と共感するからです。

たとえば、「夏目漱石の美術世界展」には、私も度肝を抜かれました。

行ける日が最終日で、混雑していたけれど、忘れられない展覧会の一つです。