よりよい日々を

毎日がよりよい日々になるように、美術・本・素敵なモノや街のスポットを書いています。

約半年くらい「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」を使った感想

f:id:kunurupu:20200615151217j:image

Bose「SOUNDLINK MINI II Special Edition」を、約半年間使った感想について書きます。

2020年1月に、家電量販店で23,000円くらいで購入しました。

家でPCやスマホにBluetoothでつなげて、音楽を聴いたり、動画の視聴に使ったりしています。

2020年6月現在、Amazonだと20,000円くらいで購入できるみたいです。

 

これを購入した理由

家電量販店で、ワイヤレススピーカーをいろいろ聞き比べた中では、Boseの音が特に良いように感じました。

値段はやや高いですが、スピーカーなんてそんなに買い替えるものではないし、奮発しました。

 

Boseのワイヤレススピーカーには、いくつか種類があります。

その中で「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」にしたのは、後述するように「1台でステレオが可能」だからです。

それと、これより小さいBoseのスピーカーは、低音のときに本体の振動があって、目障りだと思ったからです。

 

Bluetoothの接続は良好

Bluetoothの接続に関しては、全くストレスありません

 

ONにすると、一度つなげた機器であれば、3秒以内に接続されます。

8台の機器を記憶できるようで、大体の人は足りることでしょう。

 

「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」が、接続した機器の名称を読み上げるので、どの機器と繋がったのか、すぐわかります。

 

同時に複数台を接続することも可能です。

パソコンとiPhoneに繋げて使っていますが、どちらもばっちり。

スマホを隣の部屋に持っていっても、接続は切れません。

 

小さいけど低音がしっかり

安いスピーカーと比べると、当たり前ですが、音がとってもいいですね。

いろいろな音がよく聞こえるので、今まで聞いていた曲でも、こんな音あったんだなと気づかされることがあります。

 

Boseというと低音で、やっぱり、低音、響きます

 

最初、曲によっては慣れない感じでした。

クラシックやポップスはよかったのですが、ロックの曲によっては、低音強すぎないか?と思ったり。

iphoneの設定で、「設定>ミュージック>イコライザ>Bass Reducer」で低音を弱く設定することもありました。

低音の響きのよさについては、好みが分かれると思います。

 

家の中での移動は簡単

f:id:kunurupu:20200615151026j:image

重さは712g。

他の部屋への移動には、問題のない重さ・形状です。

 

操作性もいい

ボタンの感度がよいです。

音量の設定を、iphone本体よりも細かくすることができるのがうれしいです。

 

他のBoseのスピーカーとの違い「1台でステレオ」

「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」は、モノラルではなく、ステレオであるのが有難いです。

 

分からない人のために、モノラルとステレオの違いを簡単に説明しましょう。

モノラルは、すべての音が一か所から聞こえます。

ステレオは、左右で別の音が聞こえます。

そのため、ステレオのほうが音に立体感があります。

 

Boseの他のワイヤレススピーカーは、「1台ではモノラル。2台買えばステレオにできるよ」というものが多いです。

たとえば、Boseの他に3万円以下で買えるワイヤレススピーカーで、以下のものは、この仕様です。

  • Bose SoundLink Color Bluetooth speaker II
  • Bose SoundLink Micro Bluetooth speaker
  • Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker

 

2台買わないといけないなると、倍のお金がかかります。

一方、「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」は、1台でステレオ可能です。

 

私は、普段、イヤホンで音楽を聴いていることも多いので、モノラルだとちょっと物足りない感じがします。

ただ、「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」のステレオが完璧かというと、そうではないとも思います。

どうしてもボディが小さく左右が近いので、音の立体感は、左右独立したスピーカーに比べると弱くなります。

 

ちゃんとしたステレオがよくて、費用を安く抑えたいのであれば、Boseの有線のスピーカー「Companion 2 Series III multimedia speaker system」が1万円ちょっとで買えます。

通常版との違い「機能性の向上」

「SOUNDLINK MINI II Special Edition」は、2019年11月より販売されています。

通常モデルは販売終了したようで、2020年6月現在、Amazonでは中古品しか手に入りません。

 

通常版とスペシャルエディションとの違いは、次のとおりです。

  • バッテリーの持ち時間の向上:10時間→12時間
  • 充電ポートの変更:microUSB→USB-C
  • 見た目がややスタイリッシュに

最近の充電器は、USB-Cの規格のものが多いですから兼用できていいですね。

見た目は、通常版のブラックだと白いラインがあったのが、「Special Editon」ではなくなっています。

 

まとめ

「Bose SOUNDLINK MINI II Special Edition」の感想をまとめると、

  • 音はいいが、低音強め
  • Bluetoothは接続問題なし
  • 家の中での移動は簡単
  • 1台でステレオができる
  • 通常版はもう売っていない

です。

最初、低音強めが少し苦手だった私ですが、今ではノリノリで聞きながら、これを書いています。

慣れるものですね。